メッシの身長や治療とは?




リオネル・メッシの幼少期は身長も低く病気がちで、身体の弱い彼が今現在のような世界最高峰のサッカー選手になる事は、誰もにも微塵も考えられていなかったのです。

リオネル・メッシの幼少期は病気がちだった

類い稀なるサッカーの才能に惚れ込んでいた当時のFCバルセロナ関係者が

“この子の才能を埋もらせる訳にはいかない”とクラブでメッシを引き取り、

世界最高峰の医療機関・名立たる名医を結集し総動員で

手術・治療させます。

下の動画を見てのとおり、メッシの幼少期は身長が低いです。

その結果、メッシの病気は完治。

 

クラブが、いちからメッシを育てあげ、結果、FCバルセロナで大活躍。

各年代の代表にも選ばれ、スター街道を駆け上がり現在に至ります。




メッシは治療費はFCバルセロナが負担

FCバルセロナがすべての治療費を負担するということで

無名な少年メッシは下部組織に入ることを決めたようです。

 

体は小さいけれど何人もの選手をごぼう抜きしている

子供時代の映像を見たことがありますが、

これを見たならば一刻も早く他のクラブに取られる前に

契約にこぎつけたいと思います。

 

現在では伝説となっていて、

バルセロナにも大事に飾ってあるナプキンで書かれている

仮契約文字がそのことを物語っています。

そのバルサの熱意によって

メッシは、今はもう170センチ近くになっていて

普通のサッカー選手並みの身長になって本当によかったですね。

 




メッシの省エネプレースタイルの原因は?

南米予選アフェーのボリビア戦などが

高い場所でのサッカーの試合した時には、

そのホルモン注射の反動なのか

吐き気が止まらず走ることができなくなっていたことがありました。

 

それからか無理に走らずにダラダラ歩くようになり

省エネなプレイスタイルに変わっていきました。

 

これから無理せず長いこと見たいので

メッシは自分に合うスタイルで続けていってほしいです。

 

FCバルセロナが総力をあげて、

幼少時代からメッシを育てあげた事は紛れも無い事実です。

 

今後もFCバルセロナ以外のクラブに移籍することはなく、

アルゼンチン代表もメッシ抜きでは、

まるで違うチームなっているのが現状です。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です