リオネル・メッシ。誰?プレースタイルや評価、真実。バルセロナ

リオネル・メッシ。誰?プレースタイルや評価、隠された真実

リオネルメッシ

サッカーが好きな人も、そうでない人も一度は「メッシ」という人の名前を聞いたことがあることと思います。

では、メッシというのはどういう人なのでしょうか。様々な角度からメッシという人について見つめていきたいと思います。

2018ワールドカップ【アルゼンチン・メッシ】南米代表・動画

ロシアw杯2018得点王予想│リオネル・メッシ

ロシアW杯│アルゼンチン代表vsクロアチア【メッシGOAL熱望】




リオネル・メッシ。誰?プレースタイルや評価、隠された真実

メッシ自身のプロフィールとその歩みを追っていきます

本名、リオネル・アンドレス・リオネル・メッシ。アルゼンチンのサンタフェ州ロサリオ出身のイタリア系アルゼンチン人です。

あまり裕福とは言えない家庭で生まれ育ったリオネル・メッシですが、5歳の頃から自身の父親がコーチを務めるクラブでサッカーをし始めます。

その後、13歳で試験に合格し、スペイン・リーガ・エスパリョーガのFCバルセロナに入団します。これがリオネル・メッシのサッカー人生にとっての大きな転機の一つです。

そしてFCバルセロナで切磋琢磨し、どんどん実力をつけ、頭角を現していきます。

FIFAクラブワールドカップでは3回、UEFAチャンピオンズリーグでは4回、UEFAスーパーカップでは3回の優勝に貢献しています。

さらに、アルゼンチン代表としてもU-20のアルゼンチン代表時代にはFIFAワールド選手権、U-23のアルゼンチン代表としては北京オリンピックでの優勝にも一役も二役もかっています。

また、その後もアルゼンチン代表として2006年のFIFAワールドカップではベスト8に、2014年のFIFAワールドカップでは準優勝という優秀な成績を納めています。

その結果、ヨーロッパ年間最優秀選手に送られる賞である「バロンドール賞」に2015年現在で5回と歴代選手の中でもトップクラスの受賞回数を誇っています。

もちろんそれ以外にも多数の賞がリオネル・メッシのプレーをたたえて送られています。

リオネル・メッシ GOAL 動画集 YouTube▶




リオネル・メッシ。誰?プレースタイルや評価、隠された真実

リオネル・メッシのプレースタイルや評価

そんな世界のトップアスリートであるリオネル・メッシのサッカーのプレースタイルはどのようなものなのでしょうか。

リオネル・メッシはプロのスポーツ選手であったりアスリートとしては小柄ですが、それをものともしない瞬発力や動きの機敏さで相手のプレイヤーを翻弄します。

相手のディフェンスをすり抜けるセンスも秀でており、ゴール感覚は世界最高峰であるとも言われています。

それだけでなく、ボールの扱いも緻密でパスの受け渡しもうまく、一度自分に渡ってきたボールのキープ力も群を抜いています。

その正確かつ繊細なプレーを目の当たりにし、まるでゲームの中のようだという人もいます。

さて、そんな高い技術を持つリオネル・メッシは世界からどのような評価を受けているのでしょう。

数々の華麗なプレーが評価され、世界最強のプレイヤーの中の一人だという声が大半を占めています。

特に、過去に世界中に名を轟かせた選手からは高いドリブル技術やボールへの貪欲さ等の技術的な面だけでなく、サッカーに対する姿勢への評価も高いものになっています。

 

リオネル・メッシ ベスト集 YouTube No.2動画 1ヶ月で940万再生▶

 




リオネル・メッシ。誰?プレースタイルや評価、隠された真実

リオネル・メッシの体格について

常にサッカーを楽しみ、真面目に取り組む姿勢が多くの人の目に留まっているのです。

サッカーの試合中はフィールド内を駆け巡る姿が印象的なリオネル・メッシですが、それ以外の私生活では寡黙だと言われることが多いようです。

パーティー等の場でも周りに気を使い、静かに佇んでいて、話しかけられたりした時には笑顔で対応する、ということが多いそうです。

自分がどれほど注目される存在になっても慢心せず、常に周囲への気遣いを忘れない姿勢がそのままサッカーにも反映されているのでしょう。

このようにサッカー選手としても一人の人間としても立派な存在と言えるリオネル・メッシですが、彼自身が現在のようにサッカーに打ち込むことができるようになるまでには大きな問題がありました。

これこそがリオネル・メッシのことをすごいと思う理由です。それは、先にも記述しましたようにリオネル・メッシの体格に関することです。

リオネル・メッシがFCバルセロナに入団することが決まる前、リオネル・メッシはホルモン分泌の異常によって成長障害が起こるという症状が発見され、成長ホルモンの投与等の治療なしではこれ以上身長が伸びないという診察がくだったのです。

リオネル・メッシの生まれた家庭は決して裕福ではなかったので、この治療費の工面を当時リオネル・メッシが所属していたクラブに頼みましたが断られてしまっていました。

そんな時にリオネル・メッシの入団を許可したFCバルセロナがリオネル・メッシの家族全員でのバルセロナへの移住を条件にリオネル・メッシの治療を約束したのです。

 

リオネル・メッシ。誰?プレースタイルや評価、隠された真実

リオネル・メッシの真実

その結果リオネル・メッシは身長が170cmにまで伸びました。 自分がこれ以上外見

的に成長することはないかもしれない、という不安がある中でFCバルセロナの入団試験を受け、見事合格することができたリオネル・メッシの勝負強さは他に類を見ないものだと思います。

ホルモンの分泌異常が見つかった時点で夢を諦め、なんとかして治療だけでも行うという道もあったことであると思いますがそうはせず、結局病気も克服し夢も叶えてしまったのです。

またそれだけでなく、自身のそういった境遇を踏まえて「レオ・リオネル・メッシ財団」というものまで設立してしまいます。

これは、かつてのリオネル・メッシ自身と同じように病気に苦しむ人々を平等に助け、チャンスや夢を与えることを目的とした慈善団体です。

現在この財団のホームページは5ヶ国語に翻訳され、世界から注目を集めています。

日本でもこのホームページとはまた別にオフィシャルブログを開設し、情報を発信しています。

様々な病院や医療施設を訪れてイベントを行ったり、施設内の環境や設備の充実のために支援を行ったりと幅広い活動を行なっており、ユニセフから国際親善大使にも任命されました。

このように自分にたとえ逆風が吹いていたとしても諦めることなく一度決めた道を貫き、成功を果たした後も決してそのことに奢ることなく謙虚な姿勢で努力を続けるリオネル・メッシは間違いなく一流のアスリートであると言えるでしょう。

そして自分が病気だったことを忘れずに、それだけでなく似た境遇の人に手を差し伸べていく姿勢は、ただ一人のサッカー選手としてではなく何かしらの志を持つ全ての人にとっての見本となるようなものであると言えるのではないでしょうか。

2018ワールドカップ【アルゼンチン・メッシ】南米代表・動画

ロシアw杯2018得点王予想│リオネル・メッシ

ロシアW杯│アルゼンチン代表vsクロアチア【メッシGOAL熱望】

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です