【レアル・マドリードvsユベントス】CL決勝2017/6/4




【レアル・マドリード vs ユベントス】CL決勝2017/6/4

 

サッカー 海外

 

UEFA Champions League16/17 決勝

 

2017年6月4日 チャンピオンズリーグ決勝、ユベントスvsレアル・マドリード

レアル・マドリード vs ユベントス ライブ無料放送コチラ

6月4日 深夜3時45分〜

※外部サイトになります。

英国政府公認スポーツブックメーカーの試合オッズは?

ユベントス 3倍 vs レアル 2.7倍

ほとんど、同じ扱いです。海外のサッカー専門家は拮抗した試合と判断しています。

レアル・マドリード

ここまで大変な試合を幾度となく勝利してきた両チームで、非常に難しい試合になる事は目に見えており、予想もかなり険しいものとなったのだが、私は2-1でレアル・マドリードの優勝を予想する。

【レアル・マドリード vs ユベントス】CL決勝2017/6/4

 

世界でも有数のビッグクラブとして知られている両チーム。
まず、私の両チームに対する印象を記述していきたい。

ユベントスは、バルセロナを完封した事が記憶に新しい。

バルセロナの最強とも言われている攻撃陣に得点を与えなかった事は、彼らの自信にも繋がっており、現代サッカーにおいて、いかに守備が重要かを全世界に知らしめる事となったのは言うまでもない。

現代サッカーの3バックの流行の発祥は現在チェルシーを率いており、プレミアリーグを圧倒的な強さで制したコンテ監督が構築したユベントスであり、世界一のディフェンスラインである事は間違いない。

対するレアル・マドリードは、攻守共に世界一バランスが取れているチームであると言っても過言ではない。

クリスティアーノ・ロナウドを中心とした攻撃陣に加え、セルヒオ・ラモスやマルセロなど各ポジションで世界トップの実力を兼ね備えた超一流選手を擁する。

その中でも私は、監督であるジダンに注目したい。

これまでレアル・マドリードは、常に監督問題に悩まされてきた。
経験や実力のある監督が就任しても、選手やフロントとの対立が後を絶たなかったのである。

その理由として、監督の選手時代の功績などが、超一流である彼らより下回り、選手が言うことを聞かないという事が挙げられる。

しかし、ジダンは現役時代の功績もさることながら、カリスマ性まで兼ね備えており、彼らの幼少時代のアイドルであった。

そして、ジダン就任後のレアル・マドリードは、さらなる飛躍を遂げ、昨年のチャンピオンズリーグ優勝を成し遂げた。

だからこそ、この決勝は、目の離せない試合となっているのだ。

6/4 深夜3:45〜 レアル・マドリード VS ユベントスの
世紀の一戦は、CS802 スカチャン2 にて、テレビで生ライブ放送
スカパー!で簡単に契約後、視聴できます。
詳細はスカパー▶

 




【レアル・マドリード vs ユベントス】CL決勝2017/6/4

そして、先述した通り、優勝はレアル・マドリードだと予想する。試合はかなり緊迫したものとなるだろう。

そして、勝負を分ける最大のポイントは、選手層の厚さだろう。

両チームの性質上、絶対に落とさない決勝戦ということもあり、しっかりと守ってカウンターという試合展開になる事は目に見えている。

それらは、体力の消耗戦となり、レギュラー選手に代わって出てくる控え選手がとても重要である。

レアル・マドリードは、準々決勝であるバイエルンミュンヘン戦でも選手層の違いを見せ、勝利している。

クリスティアーノ・ロナウド、ベンゼマ、ベイルだけでなく、控えには、若手最有望株であるアセンシオ、イスコ、ハメスロドリゲスなどの世界を代表するタレントが備えているのだ。

これらは、彼らの最大の強みとも言える。

そして、それらがうまく噛み合っている今、彼らの勝利は間違いないと言える。

しかし、このような予想通りにならないのが、サッカーであり、スポーツの面白さである。

ユベントスも、勝つべくしてここまで上がってきたクラブである。ディバラやイグアインを中心とした攻撃陣はどのクラブも簡単に止める事は出来ないだろう。

そして、ディフェンスラインからの正確な組み立てから生まれるスピーディーな攻撃は一瞬の油断も許さない。

 

 




【レアル・マドリード vs ユベントス】CL決勝2017/6/4

ここからは、この決勝を過去のデータから振り返っていきたいと思う。

この2チームの対決は「ユベントスに弱いレアル・マドリード」と「決勝に弱いユベントス」の対決でもある。

マドリーは決勝に強いがユベントスには弱い、ユーベはレアル・マドリードには強いが決勝には弱いという不思議な構図が存在する。

私自身、レアル・マドリードのファンという訳でもない。

できることならば、ブッフォンが初のチャンピオンズリーグタイトルを掲げる姿を見たいものだ。

活躍次第ではもはや半世紀遡るゴールキーパーのバロンドール受賞も見られるかもしれない。

今回の決勝120分間1ゴールも入らず0-0で終わり、最後はPK戦でユベントスが勝利しブッフォンが英雄になってバロンドール獲得、この展開が個人的な願望でもある。

クリスティアーノ・ロナウドvsブッフォン。

互いに世界の頂点に立つ両者のキャリアをかけた意地とプライドのぶつかり合いから目が離せない。

準決勝レアル・マドリードと戦ったアトレティコマドリーのエース、グリーズマンは、ユベントスの勝利を予想している。

このように、レアル・マドリードが圧倒的だという見方をしている中、ユベントスの勝利を予想する者も少なくない。

そしてそれらはただの願望で終わらないと私は確信している。

また、レアル・マドリードが制覇をすれば、史上初のチャンピオンズリーグ連覇となり、ユベントスが勝利を収めれば、久々のセリエAからの覇者となる。

近年は、リーガエスパニョーラのチームが制覇する事がほとんどであったため、ユベントスが勝利を収めた場合は、サッカーの勢力が一気に変わっていく可能性もあると考えている。

また、このような事態が訪れれば、活気を失いつつあるインテルやミランなどのセリエAの伝統的なクラブが一気に復権するという未来が見えてくるかもしれない。

今回の決勝は、今後のサッカー界を大きく占うような試合になる、私はそう確信している。

 

 

【レアル・マドリード vs ユベントス】CL決勝2017/6/4

最後に、総括をしていきたいと思う。

究極の矛を持っているが盾も十分に兼ね備えているレアル・マドリード、究極の盾を持っているが矛も十分に兼ね備えているユベントス、そして両者ともに盤石であり堅実である。

今現在世界最高の2チームが決勝で対面するという組み合わせになった。

レベルの高さは間違いなく保障されており、1ゴールや少しの差が両者の命運を決める展開になるだろう。

いよいよ今季のCLもクライマックスを迎えようとしており、どちらが笑顔で大会を終えられるだろうかということに注目が集まる。

ウェールズには行けないためテレビの前で様子を見てみよう。

追記:

決勝 ユヴェントス 1×4 レアル・マドリード

0 ⚪️C・ロナウド⚽️
27 ⚪️⚫️マンジュキッチ⚽️
61 ⚪️カゼミーロ⚽️
64 ⚪️C・ロナウド⚽️
90 ⚪️アセンシオ⚽️

クリスチャーノ・ロナウドのハットトリックは無かってけれど、あと少し。
クリスチャーノ・ロナウド、史上3人目のCL決勝4回勝利。
決勝3試合でのゴールは初の快挙 4回のチャンピオンズリーグ決勝で勝利を収めたのは
過去にイニエスタとセードルフのみ

今季のクリスチャーノ・ロナウド
⚽️42得点 11アシスト
CL歴代最多得点➡︎105
CL歴代最多アシスト➡︎31
CL決勝歴代最多得点➡︎4
CL準決勝歴代最多得点➡︎13
CL史上初6季連続二桁得点
CL史上初5季連続得点王
リーガ歴代最多ハットトリック➡︎32回

今大会12得点で得点王&5年連続、6度目
クラブと代表合わせて通算600得点に
レアル・マドリー➡︎406点
マンチェスター・U➡︎118点
スポルティング・リスボン➡︎5点
ポルトガル代表➡︎71点




 

6/4 深夜3:45〜 レアル・マドリード VS ユベントスの
世紀の一戦は、CS802 スカチャン2 にて、テレビで生ライブ放送
スカパー!で簡単に契約後、視聴できます。
詳細はスカパー▶

 

 

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です