サッカー海外リーグ【ユベントス】セリエA・イタリア




サッカー海外リーグ、イタリア セリエA ユベントス
サッカー海外リーグ、セリエAのユベントスはイタリアのトリノに本拠地を構えるクラブであり、イタリア国内で最も人気のアルクラブの1つです。

サッカー海外 ユベントス
ユベントスはイタリアのトリノに本拠地を構えるクラブであり、イタリア国内で最も人気のアルクラブの1つです。

リーグ優勝はもちろん、欧州制覇の経験もあるクラブであり、世界各国のスター選手を抱えています。

日本人選手ではまだサッカー海外リーグ、イタリアセリエAのユベントスでプレーした選手はいません。

※ 挿入されているTwitterやYouTubeと記事との直接の関係はありません。

サッカー海外リーグ【ユベントス】セリエA・イタリア

海外リーグ、イタリアプロサッカーリーグ、セリエAの名門ユベントスFCはホームタウンをイタリア北部の町トリノにおいています。

トリノはイタリア第4の人口規模を誇る都市でミラノに次ぐ工業都市でもあります。

有名な企業では自動車を製造しているフィアットなどがあります。
ユベントスの名前はラテン語で「若者」「青春」という意味で、愛称は「ユーヴェ」と呼ばれています。

セリエAではユベントスの他にACミラン、インテルというビッグクラブがありますが、ユベントスが32回のスクテッド獲得数を誇りダントツの成績です。(ACミランとインテルはともに18回)

しかしチャンピオンズリーグの優勝回数においてはACミラン、インテルに遅れをとっている現状です。

歴代の名選手には、ミシェル・プラティニ、ロベルト・バッジョ、アレッサンドロ・デル・ピエロ、ジネディーヌ・ジダン、パベル・ネドベドなど錚々たる選手たちがいました。

一時期、国内でも無敵の強さを誇っていたユベントスですが、カルチョポリと呼ばれる不正行為を働いた疑惑を懸けられ、優勝剥奪、セリエB降格という処分を受けました。

これは選手ではなく、ユベントスの上層部が審判に圧力をかけ、ユベントスに有利な裁定を下すように指示していたという疑惑です。

この騒動は今でも真相は定かではなく、ユベントス側は否定しています。

【レアル・マドリードvsユベントス】CL決勝2017/6/4

 




サッカー海外リーグ【ユベントス】セリエA・イタリア

海外リーグ、セリエBに降格すると、主力選手のうち数名は他のクラブへと移籍しましたが、ユベントスの象徴であるデルピエロはじめ、多くのスター選手が残留を決意し、1年でセリエAに復帰しました。

復帰後は数年間低迷が続き、結果の出ないシーズンが続きましたが、ユベントスOBであるアントニオコンテ(現チェルシー監督)の就任により一気に改革が行われ、見事優勝を果たしました。

この年は、ライバルクラブのACミランから放出されたイタリア代表のアンドレアピルロが大活躍しました。

すでに選手としてのピークは過ぎていると指摘され、役に立たないと考えられていたピルロの大活躍により、彼を放出したミランには批判が高まる結果となりました。




サッカー海外リーグ【ユベントス】セリエA・イタリア

現在ユベントスはサッカー海外リーグ、イタリアセリエAでは5連覇中でコッパ・イタリアは2連覇中、
さらにチャンピオンズリーグでは準決勝まで残り、3冠の可能性もあります。

 

ポール・ポグバ(現マンチェスターユナイテッド) ユベントス時代の34GOAL 110万再生動画

現在所属のメンバーでは何と言ってもゴールキーパーのジャン・ルイジ・ブッフォンが大きな存在です。

39歳とベテランの領域になりましたがユベントスのキャプテンを務めており、強固な守備を統率しています。

その守備陣はイタリア代表でもあるジョルジュ・キエッリーニ、レオナルド・ボヌッチ、アンドレア・バルザーリで形成するスリーバックは安定感抜群です。

今シーズンは4バックを採用することが多いですが安定感のある守備は健在です。

攻撃陣にはメッシの後継者と言われるパウロ・ディバラやゴンサロ・イグアインのアルゼンチンコンビ、コロンビア代表のファン・クアドラードなどがおり、イタリアのチームでありながら守備だけではなく多彩な攻撃陣も魅力的なチームです。

サッカー海外リーグ、イタリアセリエAの2016-2017シーズンも優勝は目前まで迫っています。

【レアル・マドリードvsユベントス】CL決勝2017/6/4




 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です