2018ワールドカップ【アルゼンチン・メッシ】南米代表・動画




2018ワールドカップ【アルゼンチン・メッシ】南米代表・動画

アルゼンチン

4年に一度のサッカーの祭典、ワールドカップ。アルゼンチンは、前回大会では決勝まで勝ち進むものの、決勝で惜しくも敗れてしまいます。

アルゼンチンは毎大会優勝候補に挙げられながらも、ワールドカップでの優勝は、ワールドカップ1986以来ないのです。

2018ワールドカップ【アルゼンチン・メッシ】南米代表・動画

前回大会では、決勝でドイツに敗れてしまい、国民の期待に応えることができませんでした。

しかし、ワールドカップ2018では、再び優勝候補の一角として見られることは間違いありません。

それは、アルゼンチンがサッカーの強豪国だからです。

そんなアルゼンチン代表ですが、2018来年ようやく悲願の優勝を目指しているのです。

アルゼンチンは、イグアインやディマリアなど、一流選手が名前を連ねます。

中でもリオネル・メッシ選手は、サッカーを知らない人でも知っている選手です。

誰しもが一度は耳にしたことのある、「リオネル・メッシ」

メッシは17歳という若さでバルセロナでデビューを飾ると瞬く間に世界トップクラスまでの選手に成長します。

その年の世界最高の選手に送られるバロンドールを、5回も獲得している選手なのです。

所属チームであるスペインのFCバルセロナでもエースとして活躍しており、その実力は世界一と言っても過言ではありません。

アルゼンチンの国民だけではなく、全世界が注目する選手なのです。

身体は決して大きいとは言い難く、それでも世界中の目が注目している選手だからです。

FCバルセロナでもアルゼンチン代表でもチームの中心選手で、ドリブルのうまさが目につきます。

また、ボールタッチとボールコントロールは、他の選手と比較しても繊細さに違いを感じます。

何よりもドリブルしているときのボールタッチの数が多いため、まさに脚にボールが吸い付くドリブルなのです。

キックの精度などもかなり高いものがあり、メッシ選手のフリーキックも楽しみの一つです。

 




2018ワールドカップ【アルゼンチン・メッシ】南米代表・動画

かつてのレジェンドである元アルゼンチン代表のマラドーナに似たプレイスタイルで利き足も同じ左足です。

そんな若くしてデビューを飾ったメッシも、2017年、今年の6月で30歳になります。

ワールドカップが開催される2018年には31歳になり、もし次の次のワールドカップを想定したら、35歳になっているにです。

数多くのクラブのタイトルを獲得し、バロンドールも数回選ばれ、長年に渡り世界一の選手と言われ続けたのですが、まだ手にしていないタイトルがあるのです。

それは、ワールドカップを含めたアルゼンチン代表としてのタイトルです。

南米の大会やワールドカップで一度もトロフィーを掲げていないのです。

2010年のワールドカップでは、キャプテンとして出場をしましたが、ドイツに完敗をし、ベスト4で終わります。

また前回大会でも、ドイツと決勝であたり延長戦までもつれた末、破れるのです。

ワールドカップでの経験は全てドイツによって、夢を打ち砕かれているのです。

また、メッシ自身も、タイトルに縁がないナショナル大会ですが、多くの苦労をしてきました。代表ではゴールが決められない。活躍ができない。

と騒がれたり、逆にメッシに頼りすぎているという場面も多く観られています。

そんなメッシに注目が行きがちのアルゼンチン代表ですが、若い頃から勤めていたキャプテンとしても、今ではベテラン選手としても、若い世代を引っ張っていきながら、チームをまとめ、メッシ自身のゴールももちろん、メッシのプレイで優勝に導いてくれることを信じています。

 




2018ワールドカップ【アルゼンチン・メッシ】南米代表・動画

アルゼンチンは、他の選手も実力者揃いなので、メッシ選手との絡みについても見所です。

例えばイグアイン選手。イグアイン選手は、イタリアのユベントスで活躍しています。

ゴールゲッターとしての実力には定評があり、今期もセリエAでゴールを量産しています。

メッシ選手とも長くアルゼンチン代表にいますので、そのコンビネーションにも期待が持たれています。

また、若いアルゼンチンプレイヤーも成長をして来ており、ディバラというユベントスの選手がメッシ2世と呼ばれています。

ディバラも左利きのプレイヤーであり、ユベントスを今、チャンピオンズリーグ決勝まで連れて行っているのです。

彼の左足から放たれるシュートはメッシにも劣らない正確性と破壊力があり、数多くのゴールを叩き出して来ました。

今では、スペインの超名門、レアルマドリーやその他ビッククラブからオファーが来ているほどです。

また、ディバラやメッシ、イグアイン以外にも、ストライカーの宝庫と呼ばれているアルゼンチンは、イングランドの強豪マンチェスターシティ所属のアグエロ選手、ラベッシ選手など、数多くの世界的ストライカーがアルゼンチン代表にはいるのです。

 

2018ワールドカップ【アルゼンチン・メッシ】南米代表・動画

また、アルゼンチンの選手は、南米特有の個人スキルを持っており、その個人技にも注目があつまります。

アルゼンチンはもともと攻撃力が高いチームですから、チームが噛み合ったときの爆発力は、相手にとっては脅威となります。

しかし、2010年大会ではドイツに破れベスト4。

前回大会のワールドカップ2014の決勝では、その攻撃力をドイツに消されてしまい、思うような攻撃ができませんでした。

現在、アルゼンチンは南米予選において、中々結果が出せず、低迷気味になっています。

しかし、アルゼンチンは必ず本大会出場を決めることでしょう。

2018年のワールドカップですが、こういったストライカー達が年齢的に最後の選手が多くいます。

世代交代の境界線である今大会で、アルゼンチン代表の集大成が観れることを願っているのです。

その実力は本物であり、アルゼンチンがいないワールドカップなど考えられません。

そして、世界最高の選手と言われながら、まだワールドカップのタイトルを手にしていないメッシ選手が、チームを率いて狙って来ることでしょう。

前回大会で、最後まで手が届かなかったワールドカップ優勝。

ドイツに2大会連続で苦杯。そのリベンジを果たすべき2018年ロシア大会。

ワールドカップ2018ではその実力の全てを発揮し、必ずや優勝トロフィーを手にすることに、大きな期待を寄せたいと思います。

 

2008ワールドカップサッカーの優勝オッズは?

2008ワールドカップサッカー・ロシア大会の優勝オッズが
英国政府公認スポーツブックメーカーから発表されています。

2008ワールドカップ

アルゼンチンの優勝オッズは?

4位の10倍

日本は101倍です。
ブックメーカーの詳細を知りた方は
↓↓↓↓↓↓
スポーツブックメーカーの詳細はこちら




2018ワールドカップ【クロアチア・モドリッチ】欧州・動画

2017.05.29

2018ワールドカップ【ブラジル・ネイマール】南米代表・動画

2017.05.29

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です