サッカー海外の反応│大迫勇也。ケルン動画




サッカー海外の反応│大迫勇也。ケルン動画

大迫勇也

大迫勇也選手はドイツブンデスリーガのケルンで活躍するFW選手。

今季は7得点と振るいませんでしたが、それでもサポーターは幹部の評価は上々。レギュラーの座が定着しつつあります。

サッカー海外の反応│大迫勇也。プレースタイル

元々大迫勇也選手を有名にしたのが高校生のころ。全国高校サッカー選手権にて、連続得点をしたことは記憶に新しい。

私もリアルタイムで見ていました。決勝では広島皆実に負けましたが、強烈なインパクトを残したFWです。

そんな大迫勇也選手のプレースタイルはやはりポストプレーと飛び出しです。飛び出しのセンスは本島に抜群で、MFが出すパスをここぞというタイミングでDFの裏を抜けます。

本人は前を向いているので、パスのタイミングは見えていません。まさに背中に目があるかのような動き出しでいつも驚かせます。

これができるのは、パスのタイミングを練習で熟知しているから。大迫勇也選手のそんなプレースタイルはプロになっても活かされます。

プロでは、いきなり鹿島アントラーズという超名門クラブに入団。なんと、大迫勇也選手を奪い合って、6クラブが争奪戦を繰り広げたほど。

大迫勇也選手が加入した鹿島アントラーズでは、なんと139試合に出場し、得点は40点。驚異的な特典をたたき出し、海外への切符を手に入れます。

大迫勇也選手が移籍を決めたリーグはドイツのブンデスリーガです。

 

2010〜2013 大迫勇也 プレイ動画




サッカー海外の反応│大迫勇也。ブンデスリーガ

ドイツのブンデスリーガは香川真司選手、岡崎慎司選手など、数々の日本人がプレーしており、日本人との相性が良いリーグです。

そもそもプレミアリーグはある程度の体格が必要なので日本人向けではありません。

テクニックを必要とするリーガエスパニョーラは、日本人にとって鬼門とされています。

一方、セリエAやブンデスリーガはこれまで本田圭佑選手、中田秀俊さんなど活躍した実績があり、大迫勇也選手も十分やれるだろう、という前評判はありました。

そんな評判通り、1860ミュンヘンでは15出場でなんと6得点というハイベースでゴールを量産。さらなるステップアップのチケットを手にするのです。

その先に選んだクラブが現在所属しているケルンです。ケルンでも2トップの1角を大迫勇也選手が担っています。

しかも、ケルンでは83試合出場しており、得点は11.やや物足りませんが、それも大迫勇也選手へのマークが厳しくなった証。

厳しいDFとの闘いに勝ってこそ本当の進化となります。

 

2013 大迫勇也 ゴール集動画




サッカー海外の反応│大迫勇也。ポストの動き

大迫勇也選手はブンデスリーガに移ってから、ポストの動きが上手くなりました。ポストの動きとは、ボールを受ける動作のこと。

例えば、MFが前線に向かってパスを出します。直接FWにパスをつなげることができれば最も良い。

ですが、オフサイドになりやすいし、何より相手のブロックに阻まれてしまいます。

とりわけ身長の高いブンデスリーガでは、ロングボールはあまり好ましい選択ではありません。

そのため、足元にグラインダーのボールを送り、足元におさめるのです。

FWは足元におさまったボールを受けて、シュート。またタメを作って、味方にパスをするなど展開を増やすことができます。

そんなポストの動きをケルンで学びました。

ケルンは2トップのシステムです。大迫勇也選手ばかり点を取ることができれば一番良いですが、そうもいきません。

むしろ、より確実に得点を決めるためには2トップで2人目の動きをする必要があります。

そこでポストの動きを学んだのです。

実はブンデスリーガだけではありません。大迫勇也選手の活躍は代表戦でも活かされています。

現在、代表監督を務めるハリル監督は、大迫勇也選手のパフォーマンスをとてもかっています。

そのため、大迫勇也選手をFWに起用することがおおくなりました。あの岡崎慎司選手をさしおいて大迫勇也選手です。

それだけ成長した、ということが伺えます。

 

2015 大迫勇也 ゴール 動画

サッカー海外の反応│大迫勇也。デュエル

そんな大迫勇也選手、実はFWになったのは中学生の中頃だったそうです。それまではパスセンスを活かしてMFでした。

今でもそのパスセンスは発揮されています。それがポストの動き。味方を見る動きです。

現在の日本代表は、デュエルや献身性が求められます。デュエルとは戦うこと。プレスをたくさんかけて、ボールを奪う動き。これが現代サッカーには必要です。

そして、縦への早い動き。これまでの日本は横にパスをつないで、時間をロスしていました。攻められる場面で横にパスをつなぐ。

横にパスをつないでも、相手は全く怖くありません。むしろ、相手がプレッシャーをかけてきたら、ボールを逆に奪われます。そして得点を決められるのです。

実は、これがブラジルワールドカップでの教訓でした。

それから、ハリル監督になり横ではなくて縦への動きを求めるのですが、大迫勇也選手にはとても相性が良い戦術です。

なぜなら、大迫勇也選手の特徴は裏への飛び出し。極めて優れている抜けから、得点するシーンは代表戦でも沢山ありました。

 

2017 ブンデスリーガ 大迫勇也 vs  香川真司 動画

サッカー海外の反応│大迫勇也。献身性

さて、ハリルジャパンに求められる動きの2つめは献身性。

これは、とにかくFWでもDFをしろ、ということ。DFは全員でしないと勝てません。

現代サッカーはそれほどシビアにスピードが上がっています。例えば、こちらが攻めている場面。当然、DFラインは上げています。

ラインを上げた状態でボールが奪われると、どうなるか。そうです。カウンターを狙われます。

カウンターはFWの飛び出しとロングボールが肝ですが、ロングボールを打たせなければ良いのです。その役目を担っているのが実はFWです。

FWは相手DFに一番近い位置にいます。そして、相手がカウンターをするとき、まずDFがボールを蹴ります。

つまり、DFの最初の動きを封じることができればカウンターを防げる。

ハリル監督のいう献身性とは、このカウンターブロックを意味しています。大迫勇也選手、原口選手はとにかくよく走る。日本人選手の特徴でもありますが。

その献身性が認められて代表にも呼ばれています。

逆に、宇佐美選手はあまり走りませんね。DFに奔走することは少ないです。それがハリルジャパンに呼ばれる、呼ばれないの違いです。

今後もますます活躍が期待される大迫勇也選手。W杯予選も近いので、期待したいですね。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です