ロシアW杯予選グループH日本代表VSコロンビアみんなの感想




ロシアW杯予選グループH 日本代表VSコロンビア

みんなの感想がネットでたくさん届けられました。こちらでご紹介しますね。

新旧鹿島のメンバーの活躍にますます期待しています!

ワールドカップ初戦を白星で飾って勢いに乗っている日本代表!ただの白星ではなく、南米の強豪コロンビア相手に大金星をあげてくれました。

そして、鹿島アントラーズファンとしては、初戦での新旧鹿島メンバーの活躍が何よりもうれしかったです。フォワードの大迫くんの活躍には本当に興奮しました。

この試合のMVPは間違いなしです。そして、司令塔としての役目をしっかり果たした岳ちゃん(けがは大丈夫なんでしょうか)に、硬い守りで何度もピンチを救った昌子くん!

みんな本当に素晴らしくて誇らしかったです。鹿島ファンでなくても、この3人の活躍は、見ていた人みんなが納得ですよね。

これからの試合も是非この新旧鹿島の3人をはじめ、代表のみなさんの活躍にますます期待しています。まずは、対セネガル戦。頑張れ〜日本代表、頑張れ~新旧鹿島!




やりましたね!!興奮のあまり寝つきが悪かったです!

当日は不運なこと夜勤の仕事でした。仕方なくインターネットの速報画面を見ていました。自動更新がされてある時間ごとに得点などの表示が変わる例のヤツです。

この画面を見ていて、もし得点などがあり様子が変わったらすぐに携帯のワンセグで実際の映像を見るのです。希望的には前半0ー0で後半にワンチャンスで1点取り、まあ無失点というのは無理でも1ー1ぐらいで勝ち点1でも取れればいいと思っていました。

ところが画面を見始めてすぐに何と日本の得点が1に変わったのです。すぐにワンセグを見ると西野監督のガッツポーズが見られました。

ペナルティーでの得点と相手選手の退場という2つのハンデキャップをもらったわけです。できればこのままで勝って欲しいと思っていましたが、相手はあのコロンビアです。最悪1点ぐらいの失点はあっても引き分けぐらいで終わってほしいと思っていました。

案の定その後コロンビア側に1点の得点表示があり、「あーやっぱりか」と思っていました。しかし後半の日本の1得点には正直驚きました。

おっさんジャパンなどと言われ、かなり平均年齢も高いチームです。恐らくこのワールドカップが最後になる選手がほとんどではないでしょうか。

悪い表現で申し訳ないですが、「賞味期限切れ」間近な選手が多いチームです。正直この大会では3敗で終わっても不思議ではないと思っていました。

そんな私の情けない予想を初戦で覆してくれました。次の戦いは身体能力が半端ないセネガルです。怖いチームであることに変わりはありませんが、日本の組織力で突き進んでほしいと思っています。

ワールドカップでいい成績を上げるチームは試合ごとに成長していきます。ワールドカップで優勝したなでしこジャパンがそうでした。男子も負けるな!決勝トーナメント進出に向けてガンバレ!




期待をまったくしていなかった西野ジャパンですが、頑張りました

サッカー協会のドタバタで、急に西野監督になって、ワールドカップまで何の成果もなかっただけに、何も期待していませんでした。

しかしながら、初戦、まさかのコロンビア戦で勝つなんて。素晴らしいの一言です。最初に、ハンドで一発レッドカード退場となって、10人対11人という、誰が聞いても日本の有利は間違いない状況であっても、なかなか勝ちを信じることができませんでしたけど、ほんと、頑張ってくれました。

ビッグマウスの本田には、ほんとに、期待していませんでしたが、肝心なところで、すばらしいプレーをすることができ、PKを決めた香川と言い、今度も川島?と思ったけれど、それでもきっちり仕事をしたGK川島、やっぱり今回のワールドカップは、ベテラン陣に期待したいと思います。

ベテランの味をしっかり出してもらい、経験のない若手をひっぱっていってもらいたい、そう思います。特に、今回のチームは、ある意味即席でできたものですから、ベテランに頑張ってもらうことが、セネガル戦勝利につながるのではないか、と期待しています。

諦めない者だけが見られる世界、頑張れ日本!

こんなに盛り上がらないワールドカップがあっただろうかというくらい、前評判は悪く、周りでもそんなにムードは高まっていない。

ずっとサッカーを見てきてる私でさえ、今回は全敗かなーとよぎっていました。

コロンビアとの一戦をなんとか勝ち点1にできればまずは御の字と思っていました。

ですが、選手は諦めてなかったし、むしろそんなことは思ってなかったんですよね。勝つつもりでこの4年間やってきたのになんとも失礼。

試合が始まってみれば、闘志みなぎる選手がいて、誰もが攻める気持ちなのが伝わりました。気迫さえ感じられて、立ち上がりからこんなに行って大丈夫かな、90分スタミナが持つかなと心配さえするくらいでした。

開始わずか3分でPKによる先制点。まさかの展開に一気に気持ちが高まりました。早い段階でのゴールだったのでぬか喜びはできませんでしたが、そのあとも一進一退の攻防が続き、最後まで目が離せませんでした。終わってみれば勝ち点3!

本当にすごいことです。理論上では負けてもおかしくない相手。それでも科学では証明できない何かがそこにはありました。

不可能を可能に変える男たち。諦めない者だけが見られる世界だと思いました。人生においても、不可能であるように見えても諦めなければ可能になることはたくさんあると勇気をもらいました。

次の試合も期待してるし、ぜひグループリーグ突破をしてほしいです。頑張れサムライブルー!

普段サッカーはみないのですが国際大会については

私はどちらかというと、野球派なんですが事国際大会ともなるとみます

。ボクシングもそうですが、国家と国家の戦いはやはり日本人という部分が色濃くでて、特に近隣諸国との戦いは熱が入ってしまいます。

正直、コロンビアに勝てると思ってはいませんでしたが、奇跡が起きたわけで彼らの頑張りには頭が下がります。あんな早い段階で点数が入るとも思っていませんでしたし、10人に減ったのはラッキーだったと思います。

正直、コロンビアの人達は一人一人の能力が大変高い、そういう風に感じましたがそれを補ったのは日本人の精神力もありますね。

サッカーの試合とは関係ないですが、場内の清掃を日本人が能動的にやっていたのを、イギリスでブルーの侍はマナーも一流とありました。日本人は諸外国でもマナーを守る民族としてこれからもやっていくべきでしょう

歴史的勝利で幕を開けたワールドカップ日本代表の戦い

格上相手のコロンビア戦で勝利し、勝ち点3を獲得した日本代表ですが、これからの戦いが厳しさを増すと思います。

コロンビア戦は、ハメス・ロドリゲス選手が不調で助かった部分がかなり大きと思いますが、一所懸命90分間プレーした選手がたくさんいたことに感動しました。

ですが、初戦のこの疲れは大きいと思います。次はセネガルというアフリカの身体能力の高く、運動量を多いチームですし、アフリカ勢を苦手としている日本代表にとってはコロンビア戦以上に苦戦を強いられると思います。

ましてや勝てば予選突破がとても近くなるので、選手一人一人プレッシャーは相当かかると思います。

今大会の選手は、外国でプレーしている選手がほとんどですし、経験豊富なベテランも多いので、個の力を発揮しつつ、チームとして力を合わせて頑張ってほしいです。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です