久保裕也2018ワールドカップアジア予選【日本vsイラク】




久保裕也2018ワールドカップアジア予選【日本vsイラク】

2018ワールドカップ

ロシアワールドカップのアジア最終予選もいよいよ終盤になりました。
現在日本はグループBで1位ですが、2位のサウジアラビアとは勝ち点では並んでいます。

 

久保裕也2018ワールドカップアジア予選【日本vsイラク】

日本 vs イラク

試合開始時間 6月13日 21時〜

2018ワールドカップアジア予選日本 VS イラクの試合オッズが発表

英国政府公認のスポーツブックメーカーから
練習試合の 日本 VS イラク戦の試合オッズが発表されています。

2018ワールドカップアジア予選

日本 1.44倍 VS イラク 7.5倍

日本の海外の評価は高いですね。シリア戦のオッズではシリアは13倍でした。

シリアの13倍と比べるとイラクの7.5倍なので、イラクのほうがかなり強敵なのがわかります。

スポーツブックメーカーの詳細はこちら

他の試合に先立って行われたライバル同士の対戦は、オーストラリアがサウジアラビアを下し、日本を含めた3チームが勝点16で並ぶ結果に。両者との直接対決を控える日本にとって、イラク戦は是が非でも勝利を収めたい一戦だ。

最終予選に入り、アウェイでの日本の成績は2勝1分け。難敵オーストラリアとは1-1で勝点を分け合ったものの、タイ、UAEからは勝点3を奪った。ここで注目すべきは前半の戦いぶり。

タイ戦では前半18分に原口元気、引き分けたオーストラリア戦も同5分に原口、UAE戦では同14分に久保裕也と、いずれも前半の早い時間帯の先制に成功している。

日中の気温が40度近くまで上がる厳しい環境を考慮しても、序盤に得点を奪って優勢を保ちながら試合を進めたい。

気掛かりなのは、ケガ人の状態だ。香川真司がチームを離脱し、右下腿に痛みを抱える山口蛍は練習に合流できず。

シリア戦のスタメンをイラク戦で起用するのが定石のはずだが、プラン変更は避けられない。

ホームでのイラク戦はセットプレーから失点を喫しており、不用心なミスやファウルは命取りとなる。

誰がピッチに立っても集中を切らすことなく、タフな戦いを制することができるか。

日本が2018ワールドカップ・ロシアの本戦へ出場するには残す試合をすべて勝たなければ、本戦に進むことは難しくなります。

6月13日にはアウェーでイラクとの対戦。
イラクは現在5位ですが、中東での試合は何が起こるか分かりません。

しっかりと得点を入れ、クリアーなプレーをしないと、中東の笛にやられてしまう可能性があります。

欧州でプレーしている選手はリーグ戦が終わり、日本代表海外組の合宿に参加しています。

ACミランを今シーズンで退団することになった本田圭佑選手は長年、代表で定位置としていた右FWを久保裕也選手に奪われた形になっています。

今年3月に行われたUAE戦で1ゴール・1アシスト、タイ戦では1ゴール・1アシストの活躍を見せ、今後の日本代表の中心になっていくことは間違いありません。

本田圭佑選手と久保裕也選手がチーム内でポジション争いすることにより、さらにチームの力も向上します。

 

2018ワールドカップ アジア予選 日本vsUAE 久保裕也ゴール動画

久保裕也の動画。最新・ヘント【今季11点】2017/5/18

久保裕也2018ワールドカップアジア予選【日本vsイラク】

個人的にはまだまだ本田圭佑選手のパフォーマンスを見たいと思ってはいますが、来年のロシア杯、さらに次のW杯に向け、南アフリカ、ブラジル大会で主力だったベテラン選手からボジションを奪う若手選手の台頭が必須ですよね。

7日のキリンカップ・シリア戦では久保裕也選手と大迫勇也、原口元気選手が前線の3トップのスタメンが予想されています。

3人のコンビネーションを確認して、イラク戦に望むことになるのではないでしょうか。

新世代を担うの3人が日本代表が得点力不足という長年の課題から脱却する可能性を持った選手です、

特に今年に久保裕也選手の活躍は目覚しく、今後代表の中心となっていくであろうと期待は大きです。

イラク戦ではもちろんゴールを決めてほしいですし、アシストとしての活躍も期待されます。

UAE戦、タイ戦のように1得点では物足りない、もっともっと貪欲にゴールを狙ってほしいと思っています。

また、新戦力も楽しみです。

 




久保裕也2018ワールドカップアジア予選【日本vsタイ】

久保裕也の動画。最新・ヘント【今季11点】2017/5/18

久保裕也2018ワールドカップアジア予選【日本vsイラク】

現在、ブルガリアのベロエ・スタラ・ザゴラに所属している加藤恒平選手。現在27歳で豊富な運動量と球際の強さが持ち味とのこと。

プレースタイルはガンバ大阪の山口蛍選手に似てるんだそうです。

世界各国のチームを渡り歩いている苦労人ということでどんなプレーを見せてくれるのか楽しみです。

長谷部誠選手がけがで離脱しており、ボランチのポジションがなかなか定まらない状態ですから、出場チャンスがありそうです。

そのほか、今回はGK中村航輔(柏レイソル)、DF宇賀神友弥(浦和レッズ)、DF三浦弦太(ガンバ大阪)Jリーグからも初招集が3人います。

レイソルが好調なのは中村選手の活躍があるとハリル監督が選出理由をコメントしています。

新戦力はシリア戦でテストされる可能性が高いです。特にDFはけが人も多く、テストに合格すればレギュラー争いの一角となることができるのではないかと思います。

ベテラン勢にも期待しています。

GKの川島永嗣選手はフランスのメッスに第3のGKとして入団しましたが、現在正GKとして活躍しています。

UAE、タイ戦にスタメン出場し、無得点に抑えました。

所属チームが決まらない時期があり、代表選出されない時期もありましたが、みごとに復活、やっぱり日本のGKは川島だなと思わせてくれました。

新戦力も入り、ボジション争いはますます激化しますが、切磋琢磨して技術を磨いてほしいと思います。

前線では新戦力も楽しみではあるのですが、やっぱり香川真司、岡崎慎司選手にも頑張ってほしいです。

スペインで活躍している乾貴士選手もリーグ戦の勢いそのままに代表でも活躍してほしいですね。

現在の日本代表にポジションが確約されている選手はいません。

激化するポジション争いが日本を強くするでしょう。
まずは仮想イラク戦となるシリア戦での新戦力の活躍を見たいです。

そしてイラク戦は絶対に負けられない試合です。2-0くらいで勝利できると信じています。

久保裕也の動画。最新・ヘント【今季11点】2017/5/18

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です