2018ワールドカップ【スペイン・イニエスタ】巧みなパスセンス




2018ワールドカップ【スペイン・イニエスタ】欧州・動画

スペイン

サッカー大国の1つスペイン。四大リーグの中でも最もレベルが高いと言われているリーガエスパニョーラが開催されている国です。

2018ワールドカップ・スペインのレベルは高い

リーガエスパニョーラの二大クラブ、レアルマドリードとバルセロナFCがあるように、スペインは国としてのレベルも本当に高い。

スペインサッカーの特徴は華麗なパスサッカーです。美しくなければサッカーではない、というように巧みな足元のテクニック、狭い範囲でのパスワークは見事です。

スペインのパスサッカーは、一時代を気づきました。もちろんワールドカップで優勝しています。日本人はロングボールでゴール前にボールを供給しゴールを決める戦略よりも、細かいパスでゴールに迫る戦術が向いている、と言われていました。

しかし、そんなスペインサッカーに陰りが見え始めたのが実は前回のブラジルワールドカップです。なんとスペインはグループリーグで予選通過すらできなかったのです。

その理由は、現代サッカーのスピードがとても早くなっていること。早いプレスとボールカットにより、ロングボール1つでカウンターに転じる戦術がスペインを倒したのです。

 




2018ワールドカップ【ベテラン・イニエスタ】巧みなパスセンス

これは南米の国がよく行う戦い方で、例えば優秀なフォワードが前線に張っていれば、あとはフォワードにボールを集めるだけで点を取ることができます。

とても効率的でシステマチックな戦術です。

この近代サッカーの前にスペインは敗れました。私も観戦していましたが、まさかスペインがグループリーグを突破できないとは、思ってもいませんでした。

さて、そんな苦いトラウマを経験したスペイン、2018ワールドカップ、今大会にかける意気込みは相当なものです。南米の国にリベンジしたいと思っているでしょう。

無敵艦隊スペインを支える2人の選手を紹介します。1人はベテランになってもなお巧みなパスセンスを持つイニエスタ

バルセロナFCの中核をなしている選手。イニエスタなくしてスペイン無し。彼は本当に素晴らしいパスを供給します。

俯瞰してピッチを見られるだけでなく、選手1人1人の動き全てを把握しているかのよう。

まさに司令塔です。

今大会でも巧みな足さばきで、キレのあるパスを期待しています。

 




2018ワールドカップ【スペイン・イスコ】GOALの嗅覚

2人目が若きスペインの至宝、イスコです。

イスコはレアルマドリードに所属しているMF。以前はレギュラー争いに苦しんでいましたが、ジダン監督になって以降レギュラーとして定着しました。

彼の持ち味はセンスを感じさせるパスはもちろん、ゴール前の嗅覚、足元のテクニック、そしてドリブル。全てを兼ね備えたバランス感覚の良い持ち主。

トップ下もできるし、スペインの代表では3トップの1人として活躍する選手です。

スペインは2014ブラジルワールドカップで苦渋を味わいました。

ワールドカップでの負けは、ワールドカップで晴らすしかない。そう考えていることでしょう。スペインは監督も一新、新たな戦術を秘めてやってくるはず。

今回のスペインに奢りなど一切ありません。

挑戦者となったスペイン、前回優勝国のドイツや強豪の南米に勝てるかどうか見ものです。

 

2018ワールドカップサッカーの優勝オッズは?

2018ワールドカップサッカー・ロシア大会の優勝オッズが
英国政府公認スポーツブックメーカーから発表されています。

スペインの優勝オッズは?

4位の7倍

日本は251倍です。
ブックメーカーの詳細を知りた方は
↓↓↓↓↓↓
スポーツブックメーカーの詳細はこちら

 

イニエスタが日本でプレーするのか?

インターネットでは凄く話題になっています。

バルセロナを正式に退団発表したので現実味もあります。

まさか?と感じる人も多くTwitterでも話題です。




 

 

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です