サッカー海外リーグ【ドルトムント】ブンデス・ドイツ




サッカー海外リーグ、ドイツ ブンデスリーガ 「ボルシア・ドルトムント」
ドイツサッカーリーグ「ブンデスリーガ」のクラブで、1909年に創設の名門

サッカー海外 ドルトムント

サッカー日本代表でもある香川真司選手が所属するクラブチーム、ボルシア・ドルトムント

ドルトムントはサッカー海外リーグ、ドイツサッカーリーグ「ブンデスリーガ」のクラブで、1909年に創設され、これまでにドイツリーグを8度制している名門です。

※ 挿入されているTwitterやYouTubeと記事との直接の関係はありません。

 

サッカー海外リーグ【ドルトムント】ブンデス・ドイツ

ドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州・ドルトムントを本拠地ジグナル・イドゥナ・パルクを構えるドルトムントはサッカー海外リーグ、ドイツ、ブンデスリーガのボルシアドルトムントは1試合あたりの観客数平均が世界最高のクラブです。

ドルトムントのホームスタジアム(本拠地)となる『ジグナル・イドゥナ・パルク』の収容人員数は83,000人で欧州トップクラスの平均観客動員数を誇ります。

また、ホーム側のゴール裏スタンドだけで22,000人を収容可能で、この一角にレプリカユニフォームを纏ったサポーターが集まることで「黄色い壁」となり、ドルトムント名物となっています。

黄色と黒のユニフォームは特徴的でホームの観客たちはとても熱狂的にチームを応援しています。

ドルトムントは創立100年を超える歴史を誇り1990年代に台頭し、リーグ優勝や欧州リーグでも好成績を収めるなど強豪チームとして、躍動していました。

しかし、黄金期はチームの財政難とともに終焉し、長らくは中堅チームとしてブンデスリーガでも隠れた存在となっていたのです。

サッカー海外の反応│香川真司。ドルトムント・動画

 

 




サッカー海外リーグ【ドルトムント】ブンデス・ドイツ

「1強」と言われるほどバイエルンが圧倒的な強さを見せる海外リーグ、ドイツ、ブンデスリーガですが、

しかし、そんな低迷期に転機が訪れます。チームは戦術家ヨルゲン・クロップを監督として招聘すると一変しました。

まずは2010年夏にJリーグ・セレッソ大阪に所属していた日本代表香川真司選手香川真司を獲得するとマリオ・ゲッツェ、ヌリ・シャヒン、ロベルト・レバンドフスキ選手のような若手選手を積極的に起用し、

圧倒的な強さで9シーズンぶり7度目の優勝を手にしました。

また翌年2011-12シーズンには、2シーズン連続8度目の優勝を達成し、さらにドイツの国内カップ戦である「DFBポカール」決勝でも宿敵バイエルンを破りクラブ創設史上初のドイツ国内2冠を達成しました。

リーグ戦2連覇、ヨーロッパチャンピオンズリーグ準優勝という偉業を成し遂げました。

クロップ監督は若手選手のスタミナの高さを生かし、相手がボールを持つと複数人がかりでプレスしボールを奪うというゲーゲン・プレッシングサッカーという新たな戦術を生み出しました。

これによりドルトムントはドイツを代表する強豪チームとして復活しました。

 

ドルトムント 370万回再生されているYouTube動画




サッカー海外リーグ【ドルトムント】ブンデス・ドイツ

また、シャルケとのルールダービーは海外リーグ ドイツ、ブンデスリーガにおいてドイツ1のハードなダービーマッチであり、この試合で香川真司選手が活躍し、日本だけでなく世界中が注目し始めました。

 

現在、ユルゲン・クロップ前監督からトーマス・トゥヘル監督の体制となったドルトムントは、

フランス代表のウスマン・デンベレ選手やアメリカ代表のクリスチャン・プリシッチ選手、ポルトガル代表のラファエル・ゲレイロ選手など

若手選手を中心に据えたチームとなり香川選手を含めたレギュラー争いが熾烈なものとなっています。

是非とも、世界一の観客数を誇る海外リーグ、ブンデスリーガ、ボルシア・ドルトムントのサッカーを見てみましょう。

サッカー海外の反応│香川真司。ドルトムント・動画




 

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です