2018ワールドカップ【イングランド・ハリーケイン】欧州・動画




2018ワールドカップ【イングランド・ハリーケイン】欧州・動画

イングランド

先ず、イングランド代表と言えば若い年代が上手く育たずブラジルワールドカップは、まさかの予選敗退。1勝もあげることが出来ませんでした。

2018ワールドカップ【イングランド・ハリーケイン】欧州・動画

そんな中、監督解任されサウスゲート監督になりました。サウスゲート監督から今までのイングランドは自国主義でしたが、他国(ドイツ)を見習うべきと述べている。

GKジョー・ハート(トリノ)、DFガリー・ケーヒル(チェルシー)、ラヒーム・スターリング(マンチェスター・C)、ジェイミー・ヴァーディ(レスター)らが揃ってメンバー入りされ、

ケイン、バークリー、ストーンズ、デレアリ、ロフタスチーク、(イングランドのメッシ)パトリックロバーツなど今後期待される若手が育っています。

2018年ロシアワールドカップでは主力メンバーとしての活躍もあり得る可能性があると思います。

現在イングランド代表は4-5-1のフォーメーションを組み力をつけてきている。前まではルーニー主体のサッカーを作っていましたが、世代交代と、中心選手が多数いることが今のイングランドの強みだと思います。

その中で、個人的に注目選手はハリーケインやエリックダイアーやデレアリだと思います。

まず、ハリーケインは2016年の得点王に輝きました。去年はイングランド代表でリーグ優勝に関わったレスターシティのバディを抑え25得点をマークしました。

エースストライカーと言っても間違えではないでしょう。

 

2018ワールドカップ【イングランド・ハリーケイン】欧州・動画

次にエリックダイアーです。

トッテナムでプレーしていて、元々守備的なポジションから中盤へコンバートされ、高さとキープ力とパスセンス、攻撃参加などハードワークのトッテナムで育った選手ならではの素質があります。

デレアリ選手は15歳からトップチームに昇格された後、トップ下でプレーしていて、ズバ向けたセンスで活躍されています。

未だ19歳の若さで代表のトップ下で活躍となると、イングランド代表でも過去最高の選手になるであろうと期待されています。

現在イングランドはFEFAランキングで7〜9位と変動があり、1位ドイツ2位スペインの固定チームとの強化マッチが監督が考える見習う姿勢ではないかと考えます。

過去、スコールズやベッカム、ジェラード、ランパードなど有数な選手が沢山いましたが、新しいイングランド代表として、今後も高い期待が集まっていると思われます。

私個人の意見ですが、イングランド代表はロシアワールドカップでもベスト4以内に入る可能性は高いと思われます。

優勝候補はフランスですが、フランス以上の結果を導き出す可能性は十分に考えられます。

また、イングランド代表は今までワールドカップにおいて予選通過はほぼ確実にしているチームです。

予選チームから敗退の可能性も低く、現段階において、2017年これから伸びる若い選手が代表になることも考えられるため、目が離せない状況だと思います。

以上のことから、イングランド代表は強くて今後も目が離せないチームだと思われます。

 

2008ワールドカップサッカーの優勝オッズは?

2008ワールドカップサッカー・ロシア大会の優勝オッズが
英国政府公認スポーツブックメーカーから発表されています。

2008ワールドカップ

イングランドの優勝オッズは?

8位の21倍

日本は101倍です。
ブックメーカーの詳細を知りた方は
↓↓↓↓↓↓
スポーツブックメーカーの詳細はこちら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です